目の疲れがあまりにもひどい場合は、一度病院に行かれた方が良いかもしれません。 なぜなら、疲れ目の症状がひどい場合、病気が関係していることもあるからです。 もし、なかなか疲れ目が改善しない時は、念のために病院に行かれてください。 目の酷使以外で疲れ目になる原因は、大きく分けて3つあります。 ・病気 ・ストレス ・視力低下 眼球が乾いてしまうドライアイや、視野がどんどん狭くなっていく緑内障、上手く物が見えなくなる白内障といった目の病気が原因で、疲れ目を引き起こしている可能性もあるでしょう。 これは自分で判断することができないので、何か目に違和感を感じる時には、早めに病院に行くことが大切です。 また、環境が変わったり、私生活に何かトラブルがあった場合、ストレスによって疲れ目を感じることもあります。 特に新入生や新入社員は、このストレスによって疲れ目を引き起こす可能性が高いです。 自分でストレスが上手く解消できないようなら、心療内科などでカウンセリングを受けるのも一つの方法でしょう。 それに、視力が低下してくるとピントを合わせるのに苦労するので、どうしても目が疲れてしまいます。 この場合は、メガネやコンタクトを作ることで解決できます。